女性

30代にピッタリ|基礎化粧品でピカッとタマゴ肌

泡立ちの良さも大切

顔の手入れ

3つのポイントで選ぶ

多数の洗顔石鹸が販売されていますが、それらを選ぶ上でのテクニックとして重視したい3つのポイントがあります。まず1つ目が泡立ちの良いものを選ぶことです。泡立ちがよければ使った時の気持ちよさが違ってきますし、また汚れの吸着量が泡立ちの良い方が優秀なため、単純に洗顔石鹸としての性能が優れているのも理由です。そして2つ目の重視したいポイントが、界面活性剤の使用の有無です。界面活性剤はクレンジング能力という点では優秀ですが、肌へは刺激物となります。そのため肌が弱い人や普段乾燥肌で悩んでいる人は、界面活性剤が入っていないものがおすすめできます。最後の3つ目のポイントが、天然成分には何が使われているかを調べることです。使われている天然成分によって、改善される症状もまた違ってくるためです。肌に良いおすすめ成分としては、ココナッツオイルや火山灰などがあります。

普通の石鹸との違いや特徴

石鹸には浴用石鹸と洗顔石鹸があり、どちらも化粧石鹸と呼ばれることがあります。このうち浴用石鹸は一般石鹸として広く家庭でも用いられています。もう一方の洗顔石鹸は、顔の肌を洗うために成分なども特別に配合されているのが特徴です。顔の肌は体の肌部分に比べると皮膚が薄くなっており、非常にデリケートです。また紫外線や外部の刺激にも晒されやすい環境にあり、肌を痛めることのないように皮脂やホコリ、汚れなどを落とせるのが洗顔石鹸の最大の特徴と言えます。このように洗顔石鹸は、肌のデリケートな部位に作用するだけに成分へのこだわりは特に重要です。おすすめとしては天然成分使用の肌に優しいものがあります。またアトピーやニキビといった特定の皮膚疾患の方に対応した洗顔石鹸も肌に優しいのでやはりおすすめです。